スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

月光 

『月光』 鬼束ちひろ

I am GOD's CHILD(私は神の子)

この腐敗した世界に堕とされた

How do I live on such a field ?
(こんな場所でそうやって生きろというの?)

こんなもののために生まれたんじゃない


【歌詞 一部抜粋】




この曲は、トリックの主題化になっていたことで有名ですかね。
トリック自体、あまり見たことないのですが……


この曲は、「私は神の子」という印象深いフレーズから始まる。

正直、私はビックリしました。
さらに続くのは、そんな神の子が弱いという存在。
神の子なのに、どことなく病んでいる。

そして、世界さえも「腐敗した世界」という言い回しを使っている。

こういうところに、鬼束ちひろの作詞センスを感じます。

鬼束ちひろにしか歌えない歌がココにある!って感じですかね。

評価:8点
スポンサーサイト
[ 2007/12/08 12:33 ] ・鬼束ちひろ | TB(0) | CM(0)

cage 

『cage』 鬼束ちひろ

誰か言って
激しく揺さぶって
「もう、失うものなど何もない」と

一人にしないで
どうか、夜が明けるなら
私を 現実ごと連れ去ってください


【歌詞より一部抜粋】




アップテンポな曲調と鬼束ちひろの
力強い声が上手くマッチしています。

歌詞では、cage⇒トリカゴの中をイメージさせ

自分がトリカゴに閉じ込められ、
そこから飛び出して、遠い世界を見たいというような印象を受けました。

管理人の音楽人生の中でも屈指の曲です。

さらに、武道館ライヴでもcageには絶句します。

評価:10点
[ 2007/12/01 17:16 ] ・鬼束ちひろ | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。