スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

screen 1 トリカゴ 

『Screen1 トリカゴ』 PIERROT

実在している、と 確信の持てない「不安」
同様に実体の掴めない「恋愛」
見えない場所―――もしくは次元
仮想と現実が対極ではなく
同質のものだったらという仮説
彼は重要な事実を 知っているのかもしれない

予め設定された「障害」
それを通過するうえでの「生態」
同時に存在する 二つの異なった空間
知ろうとする欲求と
知ってはいけない本能との 葛藤
そうした事象を観察する上での外殻―――トリカゴ


【PVより抜粋】




《レビュ-》

PIERROTのインディーズ時代の曲。
アップテンポで爽快感溢れるナンバーとなっています。

ただ、サビが弱いので
聴くたびに味が出るといったタイプの歌かもしれません。

だからこそ、これだけの仕上がりになったのかも。

評価:9点
スポンサーサイト

[ 2007/11/23 22:30 ] ・PIERROT | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。